ラトリエ マリアージュ

いつの時代も変わることのない普遍的な美しさを追求

「洗練されたクラシック」をブランド・コンセプトにウェディングドレスの普遍美を洗練させることで生まれたラトリエ・マリアージュ。
クラシックとは、いつの時代も変わらない普遍的な美しさのことです。

グレース・ケリー王妃のあの印象的な花嫁姿。時を越えて愛され続けているオードリー・ヘップバーンの着ていた美しいライン。すべての女性が憧れる正統派ドレス。
そんな王道のクラシックを洗練させることで生まれた、今の時代を生きるための花嫁らしいドレス。
それがネオ・クチュールイズム。洗練クラシックの極みです。