日本人に一番似合うのは、やはり和装といわれます。
若い花嫁様も都会の方では和装人気が高くなっているそうです。
シャルールでも最近和装2点、ドレス1点のお客様も増えています。
打掛も昔ながらの柄から、現代柄、洋古典柄まで豊富でございますので、ドレスにはない和装の良さもご体感くださいませ。

[ 友禅(染め)、相楽刺繍、唐織、ベルベット他 ]
白無垢、白打掛(裏赤)、色打掛、引振袖、大振袖、和装の小物も数ある中からお選び頂けます。
小物は無料(サービス)です。
※帽子もかつら用、洋髪用とございます。

[ 花嫁様和装小物 豆知識 ]

懐剣(かいけん)・・・
 「自分の身は自分で守ります」という意味になります。昔のお嫁さんは”家を守ることが仕事”でもありました。

筥迫(はこせこ)・・・
 昔の紙入れとして使われていたもので、現代でいうと化粧ポーチのような物になります。女性の身だしなみを整えるために必要なものでした。

帯揚げ(おびあげ)・・・
 「子宝に恵まれますように」「子孫繁栄」という​意味が込められています。

帯締め(おびしめ)・・・
 別名「丸ぐけ」とも呼ばれ、「永遠に幸せが続く」という意味が込められています。指輪が丸い意味と同じですね。

抱え帯(かかえおび)・・・
 着物で生活していた時代では、着物の袖が邪魔になることから、抱え帯を使って袖をたすき掛けし、家事をする女性の必須アイテムでした。その名残りで、現在では飾りとして使われています。

末広(すえひろ)・・・
 扇子のことです。「末広がりの栄え、幸せ」という意味が込められています。

松竹梅 キヨコハタ

丹後ちりめんをベースに使用。  
左の肩から全身にこぼれ出すように咲く可愛い深紅の梅を 表現。 
新緑の松と竹を添えることで晴れやかで優美な衣裳に作り上げました。

松羅飛翔文 ピンク

古来より長寿の象徴とされ尊ばれている鶴が優雅で大胆に舞いはばたく様は
佳日の慶びを謳い上げているかのようです。長寿の象徴として尊ばれる松と
その気品ある色と香が賞美される梅が全体に一層の豪華さを添えています。

職人が端正込めて作り上げたやわらかに膨らんだ刺繍は斬新かつ存在感を放った魅力を感じさせる御婚礼衣裳です。

朧 富貴文様

春の夜の、ほのかにかすんだ月をイメージさせるかのような暈しが印象的な御打掛です。

流水をはいけいに咲き誇る四季の花々や、古くからお祝い事には縁起が良いとされている扇面の柄を、手書金彩や刺繍で豪華に仕上げました。優しい色合いでまとめられた雅な柄行が花嫁様を優雅に彩ります。

白無垢 春風

日本を代表する国花として世界的に知られており、晴れやかなそれでいて気品のある花を咲かせる様はまさしく吉祥そのものとして古くより日本人に愛されています。

その桜が爛漫と咲き誇る美しい春の情景を描き上げほんのり桜色の色糸と金糸を用い佳日の花嫁様を一層愛らしく彩ります。

伝統技術である西陣織で上品に織上げた御婚礼衣装白無垢です。

うちかけ 春慶祥(しゅん けい しょう)


慶びの日の うちかけ
  儀式の日の うちかけ
    結ばれる日の うちかけ

銘「春慶祥」は四季折々のめでたさの花と大空に舞う鶴の群れを一襲のうちかけに創りました
白と赤と金はめでたさの三部作です
白地に赤の友禅金箔の金彩工芸の伝統工芸です
作者 章の若々しい逸品です

各種和装